2007年12月22日

近視とは?

近視について

近視には大きく分けて2つのパターンがあります。

ひとつは、「屈折性近視」といい、光の屈折を調整している角膜・水晶体の屈折力が
強いために網膜の手前で焦点が合ってしまい、ピントが合わなくなる状態です。

近視の人の多くは屈折性近視といわれています。
そのほとんどは、テレビやゲーム勉強など近くを見る作業を続けた結果、

遠くを見るときに収縮しなければならない毛様体の筋肉が衰えてしまい、
水晶体が薄くならなくなったことによる後天的な要因で起こります。

もうひとつは、「軸性近視」といい、角膜から網膜までの眼軸長が長いためにやはり
網膜の手前で焦点を結び、ピントが合わなくなる状態です。

通常の眼軸は25ミリくらいですが、2〜3ミリくらい伸びている人がいます。ほとんど
が遺伝的な要因が多いようです。

理学博士が伝える2週間で視力が回復する方法!アイファンタスティック

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 視力・レーシックへ            ◎iGoogle ではこう見えます
にほんブログ村 病気ブログ 目・眼の病気へ            ◎MyYahoo で見れます

カテゴリ:はじめに 何故 目は悪くなるのか? 乱視とは? 遠視とは? 蚊飛症とは?
老眼とは? コンタクトレンズの危険性 メガネについて 目が見えるしくみ 乱視は改善できる!?
posted by 節約マン at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 近視とは? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。